So-net無料ブログ作成
人気ブログランキングへ

ガンダムSEED Destiny#42「自由と正義と」 [アニメ]

ガンダムSEED Destiny#42「自由と正義と」

 

先週、なにか世迷いごとを聞いたような気もしないこともありませんが、気を取り直して地獄の一丁目を突き進みましょう。

アバン:3分40秒

 

メイリンに助けられながらAAのブリッジに入る大佐。魔乳は”やっと”怪我の治ったフラガマンを”わざわざ”スカイグラスパーに乗せて釈放する。やっとニートな生活から脱出!良かったね! 「なぜ」と聞くフラガマンに「あなたはムウじゃない」と答える魔乳。

AAはザフトと戦うことになるので降りろという大佐にメイリンはカガリの居ぬ間に大佐を陥落しようとして、「私は大丈夫ですから、置いていかないでください。」と大佐に泣きつく。(自称)話したこともないメイリンの肩を優しく抱くアスラン。この場面、すでに魔乳がブリッジに戻ってきてるんだけどそれまでブリッジで2人は何してたんでしょうか?

(ニヤリ、これで大佐は私のもの!)

 

AAは水中ドックよりムウのスカイグラスパーを横目に飛び立つ。戦場ではカガリとシンが対峙していた。 フラガマン、何時まで崖でのんびりしてるんだ?

何故かブリッジに居座ってるメイリン。

 

Aパート:5分15秒

タリアは艦隊司令と通信し、艦隊の左翼を担うことになる。おい、艦隊と通信する前にデスティニー出撃させたのかよ! アカツキに射撃を無効化されたシンは対艦刀で攻撃しようとするが、ムラサメ隊が自殺特攻懸命に割ってはいる。AAの艦内でシンとカガリが戦っていることを聞いて愕然とする大佐。

シンはアカツキにビームブーメランで攻撃する。片腕を飛ばされるアカツキ。シンは再度ブーメランで攻撃する。ガガリぜったいぜつめい!! うわぁ、だいぴんちだ!!(どきどき)

 

はいはい、またですか・・・ 

手なんか繋いじゃって、この間スペースシャトルに3CMの破片が大気圏降下時に機体破損の可能性があるって大騒ぎしたばっかりなのに、余裕ですね。さすがザフト脅威の技術力だ!

 

キラはビームブーメランを撃墜するとシンの前に立ちはだかった。なぜか敵をフリーダムと決め付けて、怒りに震えるシン。上空から降下してきたもう1機の機体にはラクスが乗っていた。AAに着艦するラクス。大佐は、いきなり持ち場を離れてメイリンとラクスの元へ向かう。

AAへの攻撃を決意し、ミネルバを離水させるタリア。魔乳もミネルバが来ることを予測し、クルーに警告すると・・・

 

いきなり視界内に!

 

えーっと、何かデジャブを見てるような、解き放てZ!  しかし、このライフル何メートルあるんでしょうか?デスティニーの3倍くらいに見えるんだけど・・・ 射撃姿勢もバンクならその後の展開はパクリとはねぇ。あまりの展開にご不満のゲイ様。

 

Bパート:11分40秒

カガリは国防本部へ向かっていた。その頃、上空よりポッドで降下してくる3機の謎のMS。マオ姉さんは「ラクス様の為に!」海兵隊流のジョークを飛ばすとザフト部隊へ攻撃を開始する。この部隊はAAでも確認されるが、何処で取ったのか分からない謎の固定カメラに横一直線で走っていくドム、ラクスはそれが味方であると伝える。ラクスはブリッジの会話を格納庫から聞いているのか?

ノーコメント、と言いたいところですが、前方に展開しているMS部隊になぜか「ジェットストリームアタック」を仕掛けるドム部隊。えーっと、この攻撃って単独の相手に重層的に攻撃をするところがミソなわけですが、多数の敵に一直線に攻撃しても、横から蜂の巣にされて終わりじゃないの?

 

ストライクフリーダムと死闘を繰り広げるシンのデスティニー。あくまで余裕のキラに対しシンは苛立ちを募らせる。ゲイはタリアにシンを一旦補給に戻らせるように言う。タリアは不承不承それを了承する。

 そのころジブリールは、いつものように逃走! ネコはどうした、ネコは!!

 

カガリは国防本部に到達し、機体から降りて中へ向かった。拘束されたユウナはカガリに抗議するが、カガリは彼をいきなり殴り飛ばす。そして「お前だけが悪いとは言わない。ウナトや首長達と意見を交わし、己の任をまっとうできなかった私も十分に悪い。だがこれはなんだ?意見は違っても国を国を守ろうという想いだけは同じと思っていたのに。」と非難し、ジブリールの行方を詰問するが、ユウナはジブリールの行方について把握していなかった。

一方、キラは天敵(シン)が居なくなったので、新しいおもちゃストライクフリーダムで大暴れザフト部隊を撃退していく。上空から一斉射撃したビームが何故か地面に平行に飛んだりして、さすがザ(ry お約束の首ちょんぱも絶好調!

 ミネルバと砲火を交えるAAにミサイルが迫るが、フラガマンの乗るスカイグラスパーがそれを打ち落とす。フラガマンは「ミネルバがどうにも好かない」、そして「俺は不可能を可能にする男だ」と魔乳に伝える。

補給を終えたデスティニーで再出撃しようとするシン。ルナマリアも出撃しようとするが、ゲイは「作画に手間がかかるから」「シンの邪魔になる」と言ってルナマリアの出撃するなと命令する。ゲイはシンにコクピットから「挑発に乗るな」と警告する。出撃するデスティニーとレジェンド。AAとタイマン勝負の最中なのに、まったく揺れない&静かなミネルバ!さすがザ(ry 

格納庫へ来たアスランはラクスに「俺は戦士でしかないと言いたいのか」と聞くと、ラクスは「それを決めるのはアスランですわ」と切り返される。ラスクはキラのことを持ち出し大佐を洗脳にかかる。そして「きっとそういうことなのです」と締めくくる。ラクスの言っていることが訳が分からず頭を抱える大佐(視聴者)。ごめんなさい、ここら辺の会話は自分には理解不能です。

遂に決意し、ジャスティスで出撃する大佐。

 

感想等:

とりあえず、不満な点を挙げると、

○今回各パートの大体の時間を書きましたが、時間配分が無茶苦茶ですね。毎回そうですが、アバンって普通は30秒もあれば十分でしょう。

○アカツキ出撃前には「修理にあと2日はかかる」はずだったのに、いきなり出撃するAA。時間経過に無理がありすぎ。

○武装した戦闘機で連合兵を逃がす魔乳。アホですか?

○キラとドム部隊を降下させてエターナルの守備は虎一人?

○なぜかAAとタイマン勝負をするミネルバ。戦術という言葉はご存知ですか?しかも肉眼で見える距離でドンパチして勝負つかず・・・ 戦艦の用法間違ってますよ!

○なぜかアカツキにカガリが乗っているのを知っているキラ。封印されていたのを知らなかったのはカガリだけですか? しかもストライクフリーダムを見ていきなり「フリーダム」と断言するシン。さすがフレッツで勉強した甲斐ありましたね!

○相変わらず、人に厳しく自分に甘いカガリ。結婚話しや連合との同盟をユウナに言われたときはまったく反論しなかったのに、周りを軍人で固めて拘束しているといきなり殴りつける。言っていることも悪いか悪くないかの二原論。だめだこりゃ。しかも、そんなことしてる暇があるなら、ザフトと通信するとか、軍を立て直すとかして下さい!

○フラガマン関係はいい加減さっぱりさせて下さい。何時までもダラダラ引きずらないで欲しい。

○全体的にシーン切り替えが多すぎ。同時平行で進んでいる感じを出したいのだろうけど、シチュエーションの羅列ばかりで見ていて疲れます。

 

ところで、ザフトのこの作戦の目的は一体何なのでしょうか? ジブリールの拘束? オーブ軍の壊滅? ジブリールの拘束なら国防本部を真っ先に狙うべきなのに、カガリが行くまで健在だし、市街地で戦闘する必要も無いはずですよね。オーブ軍が狙いなら、開戦理由との整合性が取れなくなりますが・・・

カガリも結局何がしたいのでしょうかね? 国防本部へ行くだけなら、わざわざアカツキに乗る必要がないし、ザフト部隊と戦うためなら、キラに言われただけで戦闘をやめることもないし・・・ そもそも圧倒的に押されていたオーブ軍がアカツキと10機程度のムラサメ(しかも大半はデスティニーに撃墜)とストライクフリーダム、ドム3機で戦線を押し返すこと自体が無茶苦茶ですが^^;

あと何回、オーブでの戦闘が続くのか知りませんが、この調子でどう最終回を迎えるのでしょうかね? まあ、「僕達の戦いはこれからだ! 福田監督の次回作に期待してください」、エンドでも驚きはしませんが・・・

 

#41「リフレイン」へ                                #43「反撃の声」


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(25) 
共通テーマ:マンガ・アニメ(旧テーマ)

nice! 0

コメント 4

ネマ

またもやTBありがとうございました。ご挨拶にまわるのが遅れて失礼しました。

 長いなぁとは思っていましたがアバンが3分40秒もあったのですね。そしてAパートは5分15秒・・・・確かにこの時間配分はおかしい!全くもって同感です。
>「あと何回、オーブでの戦闘が続くのか~
 確かにどう最終回を迎えるのか、というかあと8話でちゃんとケリがつくのか心配ですね。そしてその中でシンを活躍させる余裕はあるのだろうか・・・・・・・・。何とか頑張っていただきたいものですね(製作者にもシンにも)。
 それでは、今回はこの辺りで失礼します。
by ネマ (2005-08-10 18:47) 

エムジェイ

>Licupさん
こちらこそ、いつも勝手に貼ってばかりですいませんm(_ _)m
今回思わず時間を計ってしまったのですが、アバンはやる意味ないですよね。
自分がブログで書いているアクエリオンは殆ど1話完結させてますし、ガンソードはアバンなしですが、しっかり話しが成り立ってますからね。
シンは、どうなるんでしょうかね・・・ 変に目覚めてキラとお友達になるようなことはやめて欲しいのですが、最後に味方するってんじゃ前作のイザークと一緒ですし、それじゃあ主役のいみないですからねぇ。どうするか見ものですね!
by エムジェイ (2005-08-11 01:13) 

橘葉

クレタの海に何故か天に昇る坂が出来て、Sフリ・Iジャス・デスティニーがそれを登っていく後姿。
「俺たちはまだ、登り始めたばかりなのさ…この果てしなく遠い種デス坂をよ…!」(福田監督の次回作にご期待ください)

これでいいでしょう、最終回。
ザフトがオーブを責めたのはジブ確保一点のみだったはずです。それが意味不明に市街地戦になり、ご丁寧に民間人を殺す描写。
戦争は無辜の民が悲劇を味わうって言いたいのかも知れませんが、それに至る背景や描写がお粗末すぎますね。
by 橘葉 (2005-08-11 12:11) 

エムジェイ

>橘葉さん
ナイスですね!そのエンディング!! 本当にそういう落とし方しか思いつかないですねぇ・・・(汗
オーブ戦については、自分もそういう理解だったんですが、ザフトは陸戦部隊送り込んでないし画ではオーブ破壊にしか見えないのがなんとも致命的ですよね。まあ、相変わらずのことというか、やれやれですね。
またコメントよろしくお願いします!!
by エムジェイ (2005-08-11 13:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 25

トラックバックの受付は締め切りました